ポール・スミザー氏デザインと監修による英国風、憩いのガーデン

英国人ガーデンデザイナーのポール・スミザー氏デザインと監修による憩いのガーデン。バラ、クリスマスローズ、ジャスミン、ハマナス、ジューンベリー、パンパスグラス・・・四季折々の美しい表情を持つ草花の中で、憩いのひとときをお楽しみください。

CONCEPT英国風憩いのガーデンのコンセプト

コンセプトCONCEPT

車道も近く、人がたくさん集まるところなので、落ち着いて過ごせる場所をつくりたいと思いました。中央に植えたランプラローズはガボゼを伝わって成長し、やがて花の咲く時期になると、ガゼボから花が滝のように咲き、ガゼボの下からはもちろん、他の場所から見ても美しいと思います。また、様々な宿根草や木の四季折々の変化は、どの時期にも魅力的だと思います。

ポール・スミザーPaul Smither

ガーデンデザイナー・ホーティカルチャリスト。
イギリス・パークシャー州生まれ。

英国王立園芸協会ウィズリーガーデンおよび、米国ロングウッドガーデンズで園芸学とデザインを学ぶ。来日後、2001年には東京ガーデニングショウのプレゼンテーションガーデン部門で最優秀賞受賞。自ら管理する八ヶ岳ナチュラルガーデンで,初心者からプロまでを対象に庭づくりを指導するほか、園芸・ガーデン誌やテレビ等でも活躍中。

ホームページ:八ヶ岳ナチュラルガーデン